代表者の声

安心・安全を第一に、お客様に選ばれる会社を目指して

私どもは、2014年4月1日より、『日本フレッシュフーズ株式会社』から『ANAフーズ株式会社』へ社名を改称するとともに全日空商事株式会社の生鮮食品事業・加工食品事業を当社が継承しました。さらに2015年4月1日には、ANAグループの航空食品株式会社(ギフト関連事業)の吸収合併と、株式会社エー・スイーツ・ハウス(洋菓子製造販売)の販売部門を分割吸収合併致しました。この統合により、売上規模300億円を超える企業となりました。

しかしながら、昨今の世帯構造の変化や少子高齢化問題、食の安全・安心への企業の取り組み姿勢など、食品流通業界を取り巻く環境は、年々厳しさを増しております。様々な外部環境の変化に柔軟かつスピーディーに対応する為には、私どもが保有する経営資源を最大限かつ有効的に活用しなければお客様の期待に応えることは出来ません。

ANAグループの多角化事業を担う商社部門、またその中核事業である食品事業を統合・集約することにより、常に安全・安心を担保できる体制を更に強化し、新たな事業領域にもチャレンジしながら『お客様の期待に応え、お客様から選ばれ、必要とされる強い企業』に更に成長できるものと確信しております。

皆さまの温かいご支援とご鞭撻を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

ANAフーズ株式会社

代表取締役社長土井 孝浩

2017年4月1日