田辺農園

「⽥辺農園」バナナは循環型農法により環境と品質に配慮した、“園地指定”エクアドル産バナナです。

田辺農園

「田辺農園」は、世界有数のバナナ輸出国である南米エクアドルの、標高約300mで日本人の田辺正裕さんが育てているバナナです。
有機質肥料を使った「循環型農法」を採用。オゾン殺菌した水で品質を管理し、安全・安心への徹底したこだわりと環境に配慮した栽培をしています。

味の特徴はその甘さとコクに加え、フィリピン産や台湾産にはない酸味も美味しさの秘密です。
2005年6月よりANAグループが独占契約し、産地から店頭に上がるまで物流を一元化、生産者の顔が見えるこだわりの商品です。

田辺農園 ~4つのこだわり~

こだわり1 自然

田辺農園では、土地の特性を生かし、傷ついたバナナや茎・葉等の可食部分以外も無駄にすることなく有機質肥料として畑に還元する「循環型農法」でバナナを栽培しています。

こだわり2 土

傷ついたバナナや茎・葉等をえさとしてミミズを育て、そこから堆肥を生産しています。また化学肥料の代わりにボカシ肥料(EM)を使用し、除草剤も使用していないことから、下草が地面を覆い保湿性に優れた土壌ともなっています。

こだわり3 水

井戸から汲み上げた水を活性炭ろ過し、オゾン殺菌処理した上でバナナの洗浄に使用しているので、雑菌がバナナに付着して品質が下がることを防いでいます。

こだわり4 品質

食品の安全性に関する認証制度であるGLOBAL GAP(適正農業規範)を取得しています。
この規範は、食品の質を保証すると共に、人間・環境に負担のない食品産業のあり方を追求することを目的としています。

Movie

生産者 田辺正裕さんからのメッセージムービー

生産者 田辺正裕さんからのメッセージムービー

生産者 田辺正裕さんが明かす4つの「こだわり」田辺農園発のお便りムービー たかがバナナ…ではないヒミツとは?

「田辺農園の4つのこだわり」現地の様子をぜひご覧下さい
  • こだわりの「自然」
  • こだわりの「土」
  • こだわりの「水」
  • こだわりの「品質」
こだわりの「自然」
  1. 田辺農園のスタッフ達。後列中央にいるのがオーナーである田辺正裕さん。父親から受け継いだ農園を循環型農法によるバナナ畑に生まれ変わらせました。

    田辺農園のスタッフ達。後列中央にいるのがオーナーである田辺正裕さん。父親から受け継いだ農園を循環型農法によるバナナ畑に生まれ変わらせました。

  2. エクアドルの標高約300mに広がる田辺農園のバナナ畑。その広さは約320ha(植付け面積)。東京ドームが68個すっぽり入る広さです。日中は気温30~32度、夜間でも20~22度程度の温暖な地でバナナはすくすくと育ちます。

    エクアドルの標高約300mに広がる田辺農園のバナナ畑。その広さは約320ha(植付け面積)。東京ドームが68個すっぽり入る広さです。日中は気温30~32度、夜間でも20~22度程度の温暖な地でバナナはすくすくと育ちます。

  3. バナナ畑の中に入ると辺りは雑草に覆われています。これは除草剤を一切使用していないからです。バナナの根元周辺が茶色くなっているのは化学肥料の代わりに有機質肥料や堆肥(ボカシ肥料等)を撒いているためです。

    バナナ畑の中に入ると辺りは雑草に覆われています。これは除草剤を一切使用していないからです。バナナの根元周辺が茶色くなっているのは化学肥料の代わりに有機質肥料や堆肥(ボカシ肥料等)を撒いているためです。

  4. 田辺農園には多くの虫や鳥、動物が暮らしています。それは環境に配慮した農園の証です。

    田辺農園には多くの虫や鳥、動物が暮らしています。それは環境に配慮した農園の証です。

  5. バッタ、キリギリス、鷹、イグアナ、アリクイ、アルマジロなど、日本ではなかなか間近で見られない虫や動物たちに出会うことができます。自然豊かな田辺農園ならではの光景です。

    バッタ、キリギリス、鷹、イグアナ、アリクイ、アルマジロなど、日本ではなかなか間近で見られない虫や動物たちに出会うことができます。自然豊かな田辺農園ならではの光景です。

こだわりの「土」
  1. ここが良質な土壌を作るのに必要なミミズ堆肥の生産場です。どのように作られているのでしょうか。

    ここが良質な土壌を作るのに必要なミミズ堆肥の生産場です。どのように作られているのでしょうか。

  2. その正体がこれ。そうミミズたちが堆肥を作っているのです。

    その正体がこれ。そうミミズたちが堆肥を作っているのです。

  3. ミミズ堆肥場では、ミミズに農園で育ったバナナの茎や葉、それに形の悪いバナナ等を餌として与えます。各レーンに撒かれている茶色いものが餌です。この中には1平方メートルあたり数万匹のミミズがいます。ミミズはこれをせっせと食べて、排泄した糞が堆肥となるのです。

    ミミズ堆肥場では、ミミズに農園で育ったバナナの茎や葉、それに形の悪いバナナ等を餌として与えます。各レーンに撒かれている茶色いものが餌です。この中には1平方メートルあたり数万匹のミミズがいます。ミミズはこれをせっせと食べて、排泄した糞が堆肥となるのです。

  4. 半年程餌を与えてゆくとそろそろ堆肥もできあがります。そこで堆肥の収穫となりますが、先ず表面に餌をどっさり与えて、ミミズが表面に出てきたところを餌ごと別のレーンに移します。

    半年程餌を与えてゆくとそろそろ堆肥もできあがります。そこで堆肥の収穫となりますが、先ず表面に餌をどっさり与えて、ミミズが表面に出てきたところを餌ごと別のレーンに移します。

  5. 下に残ったものが堆肥の完成品です。ここにはミミズはほとんどいません。この堆肥をバナナの根元周辺に撒くのです。まさに自然循環型農法です。

    下に残ったものが堆肥の完成品です。ここにはミミズはほとんどいません。この堆肥をバナナの根元周辺に撒くのです。まさに自然循環型農法です。

  6. 化学肥料の代わりに田辺農園ではボカシ肥料を使用しています。ここでは鶏糞や有機質肥料に乳酸菌や酵母等の入ったEMを散布しています。

    化学肥料の代わりに田辺農園ではボカシ肥料を使用しています。ここでは鶏糞や有機質肥料に乳酸菌や酵母等の入ったEMを散布しています。

  7. 生産された堆肥や肥料はバナナの根元に撒かれます。

    生産された堆肥や肥料はバナナの根元に撒かれます。

EMとは

Effective Microorganisms(有用微生物群)のことで、酵母菌や乳酸菌等の安全で有用な多種の微生物が混在し、発酵の過程に進むことができるのが特徴で、複数の機関によりその安全性が確認されていることから、幅広く利用されています。

EMぼかしとは

EMを使用して、生ゴミ発酵熟成させた肥料をいいます。エクアドルでは、EMが普及していて、廃棄バナナをEMで発酵させ肥料化することで安全な有機質肥料による作物の生産が実現されています。
※「EM」についてはこちらへ。
→EM研究機構

こだわりの「水」
  1. 田辺農園を流れる清らかな川をせき止めて貯水池が造られています。この水がバナナの生育を助けています。ここには魚が棲んでいて、農園の人達の釣りの憩いの場ともなっています。また時おりかわうそも見かけられます。

    田辺農園を流れる清らかな川をせき止めて貯水池が造られています。この水がバナナの生育を助けています。ここには魚が棲んでいて、農園の人達の釣りの憩いの場ともなっています。また時おりかわうそも見かけられます。

  2. 井戸から汲み上げた水には僅かでも雑菌が含まれています。田辺農園ではこの水を活性炭でろ過し、その後オゾン殺菌を施して収穫後のバナナを洗浄する際使用しています。

    井戸から汲み上げた水には僅かでも雑菌が含まれています。田辺農園ではこの水を活性炭でろ過し、その後オゾン殺菌を施して収穫後のバナナを洗浄する際使用しています。

  3. 収穫後のバナナを洗浄しています。

    収穫後のバナナを洗浄しています。

こだわりの「品質」
  1. バナナの茶色い花がめくれて小さい実が見えています。この状態をバナナシューティングと言いますが、未だ小さく収穫までにはもう少し時間がかかります。

    バナナの茶色い花がめくれて小さい実が見えています。この状態をバナナシューティングと言いますが、未だ小さく収穫までにはもう少し時間がかかります。

  2. 収穫は重労働となります。鳥や虫たちに食べられないよう袋がかけられたバナナを軸の元から刈り取ります。これ1つで約30~45kg程あります。

    収穫は重労働となります。鳥や虫たちに食べられないよう袋がかけられたバナナを軸の元から刈り取ります。これ1つで約30~45kg程あります。

  3. 園内に張り巡らせてあるケーブルに収穫されたバナナを引っ掛け、人力でパッキングハウスまで引っ張ってゆきます。

    園内に張り巡らせてあるケーブルに収穫されたバナナを引っ掛け、人力でパッキングハウスまで引っ張ってゆきます。

  4. 次にバナナの先端に残っている花を摘み取ります。

    次にバナナの先端に残っている花を摘み取ります。

  5. 洗浄します。

    洗浄します。

  6. 2人一組で、バナナを傷つけないようにハンドを外します。

    2人一組で、バナナを傷つけないようにハンドを外します。

  7. オゾン水の中できれいに洗ってクラウン(ヘタの部分)を整えます。傷ついたり形の悪いバナナはベルトコンベアーの上に乗せて選別し、有機質肥料や堆肥作りの為のミミズの餌になってゆきます。

    オゾン水の中できれいに洗ってクラウン(ヘタの部分)を整えます。傷ついたり形の悪いバナナはベルトコンベアーの上に乗せて選別し、有機質肥料や堆肥作りの為のミミズの餌になってゆきます。

  8. 出荷の形態はバナナの大きさや1箱あたりの重さにより決まるので、ここで計量します。このトレイに載っているバナナは、Sサイズ、6 ハンド(6房)、13.5kgとなります。

    出荷の形態はバナナの大きさや1箱あたりの重さにより決まるので、ここで計量します。このトレイに載っているバナナは、Sサイズ、6 ハンド(6房)、13.5kgとなります。

  9. 異物確認担当者が、エアーコンプレッサーを使用し、隅々まで異物を排除します。

    異物確認担当者が、エアーコンプレッサーを使用し、隅々まで異物を排除します。

  10. 房の軸部分の切り口はオゾン水で殺菌洗浄していますが、更にフィルムシートをかぶせて軸からの腐敗を防ぎます。

    房の軸部分の切り口はオゾン水で殺菌洗浄していますが、更にフィルムシートをかぶせて軸からの腐敗を防ぎます。

  11. 安全・安心の証として、田辺農園のシールを貼ります。

    安全・安心の証として、田辺農園のシールを貼ります。

  12. 箱詰め作業です。真空パックにして袋の中のバナナが熟成するのを防ぎます。

    箱詰め作業です。真空パックにして袋の中のバナナが熟成するのを防ぎます。

  13. 出荷前にはトレーサビリティ情報として製造日や規格等を表示します。

    出荷前にはトレーサビリティ情報として製造日や規格等を表示します。

  14. リーファー冷蔵コンテナに積載し港へ向けて出荷します。

    リーファー冷蔵コンテナに積載し港へ向けて出荷します。

お問い合わせはこちらまでご連絡ください

お問い合わせはこちらから