ANAフーズからのお便り

2018年は日本エクアドル国交100周年の年です

こんにちは!総務人事部の下野です。

今回はエクアドルからのお便りが届いておりますので、ご紹介いたします!

 

***

 

2018年は日本とエクアドルの外交関係が樹立して100年目の記念の年となり、この100周年目を記念し今年は日本やエクアドルで様々な関連行事が行われています。

エクアドルで行われる行事の企画や運営は2015年3月に立ち上がった日エクアドル外交関係樹立100周年実行委員会が行っているのですが、実は当社が取り扱う田辺農園バナナの農園主である田邊正裕さんが実行委員長となりご活躍されております。

去る8/25~8/26の2日間、エクアドルの首都であるキトのカロリーナ公園において100周年関連事業のメインイベントである日本祭りが開催されました。
盆栽や柔術、花火や習字などの日本文化や日本食の紹介、日本技術や日本の音楽の紹介などがありましたが、朝から夕方まで入場券売り場には長蛇の列、入場にも列をなし、2日間で3万人を超える来場者がありました。勿論来場者の殆どは地元のエクアドル人です。
田辺農園バナナもブースを出展し、田辺農園スタッフ3名で100箱分の田辺農園バナナを配布しました。田辺農園バナナは100%日本向けに輸出していますので、エクアドルの人達が食べる機会は殆どありませんが、現地の方々からもおいしいとの太鼓判を頂き、田辺農園バナナは飛ぶように無くなりました!

またこのキト祭りのメインイベントの一つに、シンガーソングライターのさだまさしさんによるコンサートがありました。
勿論日本語で歌われたのですが、歌詞の内容はスペイン語に翻訳されてステージに同時通訳された為、エクアドル人も歌の意味を理解しながらコンサートを楽しむ事が出来ました。そしてキト祭りの最後はさだまさしさんと一緒に盆踊りを踊り、実行委員長の田邊正裕さんの「また100年後に!」という言葉と共に閉幕となりました。

 

1
田邊正裕実行委員長による開会の挨拶

2
鏡開きでスタートです!

3

4
室内展示場は人、人、人、、、2階の床が落ちてしまわないか心配するほど。

5
田辺農園ブース

6
会場外の様子、入口は遥か右側です。

7
さだまさしさんのコンサート

8
日本祭りフィナーレ盆踊り

 

日本祭りの翌日にはお忙しい中さだまさしさんにお時間を作って頂き、往復約7時間を掛け田辺農園を視察!田辺農園で働く550名の労働者とその家族、また近隣の住民も集めてコンサートを開催して頂きました!!
皆さだまさしさんの歌声に感動し、トークに笑い、最後は楽しく踊ってあっという間の時間でした。

 

9 

10
田辺農園でのコンサートの様子

 

最後に豆知識。ちょうど100年前、黄熱病が流行していたエクアドルへ野口英世が降り立ち黄熱病の研究を行ったのですが、現在の1000円札の野口英世の写真はエクアドルで撮影されたと言われています。

少しはエクアドルを身近に感じて頂けましたでしょうか。

 

***

 

とても豪華なイベントでビックリです!!
田辺農園ブースが、黄色く可愛く仕上がっていましたね~

これからもエクアドルからのお便りを紹介していきますので、是非ご期待ください!

 

バナナとアバカ

こんにちは田辺農園のバナナが大好き下野です(*´ω`*)

今日は、エクアドルからお便りが届いていますので紹介します。

 

 

↓↓

 

 

 

エクアドルの田辺農園浜崎が、バナナとアバカについてご紹介します。

ブログ写真1

 

上記の写真にはバナナの株(右側)が映っておりますが、もう一種類別の植物も映っています。その植物とは、「アバカ(スペイン語)」(写真左側)、日本語ではマニラ麻と呼ばれますが、2つの植物の違いは分かりますでしょうか?容姿もどことなくバナナによく似ています。

田辺農園内には、バナナ以外にもアバカが植わっています。

アバカとは芭蕉科の大形多年草植物で、フィリピン、エクアドルが主産地です。樹皮から取れる繊維は耐久・耐水性に優れ、主に船舶用ロープや、お札、麻袋などに使用されてきました。アバカの株は高さ5~8メートルほどあり、バナナによく似た実を付けますが、ほとんど食されません。

 

ここで、アバカの株から繊維が採りだされるまでの工程をご紹介します。

①畑の中で株を切り倒し、幹の皮を削ぎます。

ブログ写真②

②整頓して、畑から作業場に運びやすいように切りそろえます。

ブログ写真②

③機械にかけ、手作業で繊維を取り出します。

ブログ写真④ ブログ写真⑤

 

ブログ写真⑥

④日蔭干しします。

ブログ写真⑦

⑤圧縮機にかけ、ブロックにします。1ブロックの重さは、125kgにもなります。

ブログ写真⑧

 

塊になった繊維は、

コンテナに積み込まれ、出荷されます。

 

 

生物学的にも見た目にも非常に似通った植物ですが、一方は食卓でよく見られるバナナ、もう一方は加工され原型は残っていませんが、同じく身近にあるバナナとアバカの関係性を紹介させて頂きました。

 

 

 

エクアドルのアバカ零れ話

アバカ栽培の歴史は1914年にフィリピンのダバオで古川拓殖(株)が事業を展開したのが始まり。

49年の歳月を経て、同古川拓殖が1963年にアバカ再建の礎を築いたのがエクアドルでのアバカの歴史の始まりです。写真のマニラ麻を引く機械は、エクアドルの地においては当初から使用しており、そのモデルは現在に至るまでほぼ原形を留めています。スピード感ある現代において、判明しているだけで少なくとも54年以上(2017年現在)になります。

ブログ写真⑨

ブログ写真⑩

【エクアドル(田辺農園)からお便り】~エクアドルでのバナナの食べ方~

こんにちは!
先日までワールドカップで盛り上がっていた日本の裏側ブラジル。
そんなブラジルと同じ南米に位置する田辺農園から、今回は私、 田辺洋樹がお届け致します!
(4年に1度のワールドカップも幕を閉じましたね。日本同様エクアドルも出場していたんですよ~!)

さて、南米エクアドルは“世界一”のバナナ輸出国というのはご存知ですか?
そんな世界一のバナナ輸出国エクアドルでも、エクアドル国民の“主食”は 「 お 米 」なのです!
地域によっては、朝から“米”を食べる習慣もあり、南米の国では、これほど米を食べる国民は珍しいほどです。

米の次に主となる食材はやはり 「 バ ナ ナ 」。
しかし彼らが食べるバナナは我々日本人が食べる生鮮バナナと違い、「Platano」(英名>Plantain)と言う料理用のバナナの方が人気があり、
色々な食べ方があります。
今回はそのPlatanoを使った幾つかの料理を紹介したいと思います。

2e941e84c83ca0d1f13b4403ff2fc204

まず始めに一番人気なのは「Chifle」(チフレ)と言うバナナチップです。
バナナはまだ熟す前青い状態で薄く輪切りにカットし、油で揚げるだけ。味付けは塩を振るだけで出来上がりです。
地元のレストランや居酒屋ではよく“おつまみ”として出されています。ビールのつまみとしてサイコーなんです!

de444430210c76183b8a35928724205e

次は「Patacones」(パタコネス)という料理です。
Patacones は肉や魚の料理に添えて出されています。
この料理も青いバナナを厚目(2-3cm)の輪切状態にし、火が通りやすいように少しつぶしてフライパンで揚げます。
あとは塩をふって、お芋感覚で食べます。

a409e2b59d8c109141bb793b41135bb8

banana

この餃子に似た料理は「Empanada de Verde」(エンパナーダ デ ベルデ)と言います。
皮はペーストにしたバナナを使っています。中にチーズやお肉など入れ、揚げます。
そのままでも美味しいですが、タバスコソースをつけても美味しいです。
エクアドルでは軽食やおやつ代わりによく食べています。

36794fbacace5dfef5141ed94ea3c9b9

最後に紹介するのは、「Bolon」(ボロン)と言う料理です。
バナナを潰して、ベーコンやひき肉、チーズなど混ぜ、団子状態にして揚げます。
あとは好みによって砂糖、塩やタバスコソースなどかけて食べています。
エクアドルではBolonはよく朝食として食べられており、コーヒーとよく合います。

まだまだ他にバナナ料理はありますが、今回はメインの4種類をご紹介させて頂きました。

エクアドルではバナナ料理は果物というより、野菜感覚での使用がほとんどです。
まだ青い状態での料理が多いため食感もお芋と同じです。
食べる側としても「バナナ」を食べている感覚はあまりありません。

同じバナナでも所変われば食べ方も変わるものですね!
地球の裏側エクアドルでのバナナ料理、少しでもお伝えできましたら幸いです!

【エクアドル(田辺農園)からお便り】~納豆堆肥の開発~

こんにちは!!
日本の真裏は南米•田辺農園から、 高橋力がブログをお届け致します!

私は、 田辺農園で病害/堆肥管理の責任者を担当しております。
日々、バナナの外敵である黒カビや、害虫や、天候不良やスペイン語と格闘しております(笑)

農園内研究所では色々な問題を解決すべく、新しいもの、
新しい技術を生み出そうとしております。

そんな中、今回は新作堆肥の開発模様をお届け致します。
専門的なお話ですが、少しお付き合いください!

今年度初頭から、新しい堆肥を開発中です。その名も「納豆堆肥」。
ちなみにこれは堆肥の状態ではネバネバしていません。
日本ではすでに実用化され、トマト農家のうどんこ病等、ウィルス病対策に有効という報告もあります。

われわれの農園も、雨季にはバナナの黒腐れ病等に悩まされ、
数百箱ものバナナの箱のロスが出ます。
それを、この「日本の伝統的技法に支えられた機能性堆肥で防除しよう」と考えたのが事のはじまりです。


日本で使われている納豆は3種類の枯草菌からなる。高橋菌、宮城野菌、成瀬菌。
はじめ、説明書通りに作成したが、うまくいかなかった。
当国在住の日本人研究者や丸美屋の研究所の方にも尋ね、タオルやラップで閉めた場合の違い、温度や湿度条件の違いなども試験した。

結果、当農園の位置するLa Villegas近郊の気候条件と最も合うのが宮城野菌で、ラップで閉じて温度40℃がベストであることが分かった。

1-e1383806337720
<宮城野菌>


環境や菌などを扱う研究者の天野教授や、長年当地で納豆づくりをされている古木夫人、、、

いろいろな方にお世話になり、地元の気候に適した納豆作成法で完成した
「食べて美味しい納豆」で喜んでいたのも束の間、
「美味しい納豆を作るのが目的じゃない!堆肥を作るんだった」と思い出し、
これを牛糞にバッチアップする。うまくいかない。
2回目も発酵温度が45℃までしかあがらない。。。

日本で見学してきた納豆堆肥は発酵温度80℃まで上がっていた。また開発は座礁。
JICA隊員の専門家に現状を伝え、打開策を一緒に模索。

「多分、納豆菌の数が少なすぎて、牛糞内の雑菌にヤラレてしまうのでは?」
ということで魚粉や米ぬかで大量培養することに。100倍量ぐらいまで増やし、
また微生物の住み床となるゼオライトを入れ、さらに干し草も混ぜ込み、
土着の枯草菌(納豆菌)も取り入れ再三チャレンジ。目標温度は80℃。
日本の納豆堆肥場で確認した数字だ。まずはこの数値を超えたい。


2-e1383806796605
<納豆菌培養室>

手作り感たっぷりの納豆熟成用の室。丁度20時間寝かせるのが良い。
これで最大3Kgの納豆が一度に出来る。この室を使って魚粉ベースで、さらに100倍量に増やした。


すると、、、、
仕込みから5週間で、なんと目標温度を大きく超え、発酵温度100℃に到達!!
JICAの方に報告すると、この発酵温度はなかなか行かない、とのお言葉。
いろいろな文献を読むと、この温度帯はバチルス(納豆菌)しか生き延びられない。
故にこれはちゃんと納豆堆肥になってきているのでは!と期待感が高まった。
これを6か月間寝かせて完熟堆肥にする。

が、果たして今後どの様な変化が出てくるのか。


3

納豆水を作る。単純に水と半々でミキシング。これを魚粉にかけて100倍に増やす。
…決して飲みたくはない(笑)。

4

納豆水をかけたもの。左側2列が魚粉で右が米ぬか。
発酵温度は魚粉の方が相対的に高かった。どうやら魚粉と納豆菌は相性が良いみたい。

5

日本で見学してきたエアレーション設備のついたバンカーを小規模で農園内にコピー。
納豆菌は好気性菌。空気をたくさん必要とする。
がしかし、エアレーションが目詰まりする&する(笑)。
いつだってプロトタイプは改良が必要。


この方法で8割方正解ルートなのでは、と思っておりますが、なかなか甘くない世界。
でも「あ~でもない、こ~でもない」と思考錯誤するのは楽しい。
そりゃ時間やコストにリミットがあるとしても新しいことにチャレンジして行くことはとても大事なこと。
引き続き、完成と安定生産に向けて納豆堆肥の開発にいそしんでゆきます。

完熟堆肥を目指す為、予定の発酵期間完了まで、あと3ヶ月。
(日本だと1年かかるところ南米の気候だったら6ヶ月で充分と想像。)
取り敢えず、今は“待ち”の段階です。しかし、ただ待っているのも何ですから(笑)、
この間に別のバージョンの納豆堆肥を作成する予定です。(イースト菌も添加etc.)

これらの結果の中から、ベストな生産法を見つけ出す「最適化」と、
大量生産した場合の「品質安定化」が出来るまであと最低で半年はかかるでしょう。。。。

6
<グアヤキル在住の菌や環境調査の研究者、天野教授(左)と筆者(右)>

田辺農園スタッフが日本視察にやってきました!

こんにちは!
私は、田辺農園の浜崎と申します。
南米エクアドルの「田辺農園」より、ご挨拶申し上げます。

今回は、5月末日、私を含む田辺農園スタッフ3名(日本人スタッフ1名=私、現地のスタッフ2名)が、日本フレッシュフーズ本社(埼玉)へ視察に行った際のレポートをお届け致します。

エクアドルの園地で、自分たちが真心込めて作ったバナナが、どのような状態で日本に着き、どのようにして皆様の元へ届けられているのか、非常に気になるところです。
(田辺農園バナナは、約1ヶ月という長い長い道のりを経て、エクアドルから日本へやってくるんですよ~!)

また、スタッフ2名は、日本が初めて!
さて、日本視察はどうなることやら・・・

日本到着後、早速加工場へ出向き、厳しい目で品質チェックです!
「傷はないか?」

DSCF0052

・・・・・・・・・・・・・

DSCF0228

このバナナはほとんど傷がない!合格点です!
田辺農園スタッフとして、非常に喜ばしい瞬間です。

次は、今年3月にリニューアルされたバナナ加工設備の室(ムロ)の前にて
JFF色付け加工担当者と1枚。

DSCF0352

エクアドルからお届けしているバナナが、おいしく仕上がり、
皆様の元に届けられることを願っております!

約5日間という短い期間でしたが、今回の視察では、
現地から出荷された田辺農園バナナが様々な工程を通り、
また、それに携わるスタッフのひとりひとりの思いを乗せて
皆様の食卓へと届けられていることが、はっきりと目に見えて確認できました。

今回、日本へ初めて視察に行ったスタッフ2名は、現地に帰ってからは、
今まで以上に日本との繋がりを感じ、よりおいしいバナナ作りのために意気込んでおります!

<おまけ>

初日にラーメン初体験!
(お箸がうまく使えなかったのでフォークで頂きました!)

「日本のラーメンはサイコー!」とのコメントでした。

DSCF0039-1

バナナが日焼け?!

こんにちは!
frescana担当の永野です。
ただ今出張中のフィリピンよりお便り致します!

フィリピンバナナの生産地であるミンダナオ島は、フィリピン諸島でも南端に位置しており、ルソン島に続き、フィリピンで2番目に大きい島です。

一年を通じて温暖な気候にあって、
日本ではなかなか目にしない珍しいフルーツがたくさんあります。
ココナッツ、ドリアン、ランブータン、マンゴスチン、ジャックフルーツなどなど、
たくさんの種類のフルーツがそこら中に実っています。

ココナッツ↓
IMG_3900

ジャックフルーツ↓
IMG_3895

そんな「フルーツの島」ミンダナオ島は、ただいま、夏真っ盛り!
日中の気温は37度付近まで上昇し、夜間にざーっとスコールが降ります。
強い日差しで日焼けしないよう、なんと!バナナも新聞紙の日除けをしていますよ。

IMG_3903

こんな天候はフルーツの成長に最適で、frescanaバナナもぐんぐん大きくなっています!今、店頭で見かけるバナナはいつもよりちょっと大きく感じられるかも!?

IMG_3897

バナナの国からこんにちは!

みなさん!
「マガンダン・ハーポン!」 「ブエノス・ディアス!」
こちらのコトバは、それぞれフィリピン&エクアドルの“こんにちは!”です。

なぜこのコトバが出てきたかと言うと…
当社のプライベートブランドバナナが生育されているからなのです^^

このブログでは、『フィリピン』『エクアドル』からのお便りを、発信していきたいと思います!

皆さんがよく目にするバナナが育つ国は、どんなところなのでしょうか?
それぞれエクアドルやフィリピンにいる生産者や当社のPB担当者などから
現地ならではの情報やメッセージを皆さんにお届けしたいと思います!

少しでも、「こんなところから日本にバナナが来ているんだな~!」と
感じ取ってご興味を持っていただけたら幸いです。

今後の更新を是非、お楽しみに!

CIMG4752

*写真は、どこまでも続くバナナ農園風景。@フィリピン

1 / 11